ストレスむくみ】ストレスはむくみの原因です。むくみと、ストレスの関係や原因を知り、改善をしましょう。ストレスは自律神経を乱します

ストレスとむくみ

ストレスは万病の源

ストレスは足のむくみだけでなく、様々な病気の原因になります

ストレス

特に疲れが溜まったり、人間関係や仕事でのストレスがオーバーしてしまうと、翌朝には顔がむくんだりしてしまう原因になります。

ストレスがむくみの原因になってしまう理由には、
からだの中の水分のめぐりがストレスにより悪化してしまうことが原因です。
からだの水分のめぐりを調節しているのが
自律神経になりますが、
自律神経の働きがストレスにより阻害されてしまい、そのため、血管とリンパ管を通っている血液の流れが阻害されむくみへとつながります。

ストレスと自律神経の関係

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立っていて
交感神経=緊張、副交感神経=リラックスと交互に働いています

自律神経の働きにより、からだがストレスを感じると交感神経が働き、血管が収縮、そして緊張がとけリラックス状態になると副交感神経が働き血管が拡張します。
自律神経により血管が収縮と拡張を繰り返すことで、血管運動がおこなわれて、血液やリンパ液が全身をめぐります。

しかしながら、
ストレスを受けつづけると、交感神経が優位に立つ緊張状態がつづいてしまい。

普通ならすぐに副交感神経も働いて、緊張をとくはずなのに、働けなくなり、血管は収縮しっぱなしで、血液もリンパ液のめぐりもわるくなります。
むくみ解消のためにも、ストレスは大敵です。

ストレスと自律神経の関係

自律神経は、交感神経と副交感神経の2つの神経から成り立っていて
交感神経=緊張、副交感神経=リラックスと交互に働いています

自律神経の働きにより、からだがストレスを感じると交感神経が働き、血管が収縮、そして緊張がとけリラックス状態になると副交感神経が働き血管が拡張します。
自律神経により血管が収縮と拡張を繰り返すことで、血管運動がおこなわれて、血液やリンパ液が全身をめぐります。

しかしながら、
ストレスを受けつづけると、交感神経が優位に立つ緊張状態がつづいてしまい。
普通ならすぐに副交感神経も働いて、緊張をとくはずなのに、働けなくなり、血管は収縮しっぱなしで、血液もリンパ液のめぐりもわるくなります。
むくみ解消のためにも、ストレスは大敵です。

スポンサードリンク

ページの先頭へ