栄養むくみ】ジャンクフードなどの食品は、栄養が偏っていて、むくみの原因になります。正しい食品の栄養とむくみの知識をつけましょう

栄養とむくみ

むくみを引き起こさない為には、塩分を抑え、カリウム、たんばく質、ビタミンB1の摂取がポイントです

ジャンクフードはむくみの原因です

ハンバーガー
ファストフードは、塩分が多く、ビタミンや微量栄養素、良質なたんぱく質をほとんど含んでいません。そのため、むくみをひきおこす要素をすべてもっていますので注意が必要な食べ物です。
むくみとは、細胞と細胞のあいだに組織間液という水分がたまってしまった状態の事をいいます。
組織間液が細胞の間に溜まるときは、浸透圧という作用が働きます。
浸透圧とは、濃度の違う水分どうしが膜を超えて行き来するときに、濃度の薄い水分が濃い水分に引っ張られる作用です。
この水分の濃度は、私たちが食べたりのんだりした栄養成分によって、かわってきます。

ナトリウム、カリウムのバランスとむくみ

ナトリウムとカリウムのバランスが悪いとむくみやすくなります

塩分(ナトリウム)の摂取過剰は、組織間液のナトリウムの濃度を高くしてしまい、カリウムのバランスが崩れて、細胞内液が細胞の外ににじみ出て、むくみの原因となってしまいます。
ナトリウムとカリウムのバランスを保ち、むくみの原因を取り除きましょう。

たんぱく質とむくみ

たんぱく質は血液や筋肉など、からだの基礎をつくるのに欠かせない栄養素です

納豆はたんぱく質の宝庫タンパク質は主に肉類、魚類、乳製品、大豆製品などに含まれています。
たんぱく質の摂取が少ないと、血液中のたんぱく質が少なくなり、【低たんぱく血症】にななります。
そして、血液が低たんぱくになると、血管のなかに水分をキープできなくなります。
血管の壁を通じて、細胞と細胞のあいだに水分がにじみ出て、組織間液が増えてしまって、むくみやすくなります。
また、腎臓でナトリウムを回収して排出するときにも、低たんぱくの血液だとナトリウムの処理ができなくなるため、これもむくみの原因になります。

ビタミンB1不足とむくみ

ビタミンB1は代謝のビタミンです。不足をするとむくみやすくなります。
ビタミンB1は体内で食べ物をエネルギーに変換してくれる栄養素になります。
そのため、ビタミンB1が不足すると、食べ物の代謝が出来ないため、細胞に栄養を届け、老廃物を回収することも出来なくなります。
その結果として、栄養や老廃物の運び役である組織間液が細胞の外にたまってしまい、むくみを引き起こします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ