むくみ体質】むくみは、遺伝や年齢などの体質も関係ます。ここでは、女性の足がむくみやすい体質について解説していきます。

足のむくみと体質

足のむくみが起こりやすい体質

足のむくみは、むくみやすくなった時期により、原因が異なります

立つ女性
足のむくみは時期により原因が異なります。

たとえば、

社会人になってから、足のむくみが気になるケースでは、環境の変化や運動不足などの原因が考えられます。

30代に入ってから足がむくむようになるケースでは、
からだの代謝が落ちてきているのが足のむくみの原因となっている事が考えられます。

10~20代前半の時期から腎臓病を患っているわけでもないのに、足がむくんでしまっているのであれば、むくみやすい体質が原因となっているケースが多い。

むくみやすい体質とは、血管やリンパ管が細いなどを言います。リンパ管が細い事により、リンパの流れが悪くなり【むくみ】に繋がります。

体質的にむくみやすい方は、冷え性を伴っている事が多く、手足の冷え、全身にだるさや頭痛、肩こりなどの不調を同時に訴えているケースが多い特徴があります。
このようなむくみやすい体質は、母親からの遺伝が要因となっているケースが多いため、母親がむくみやすいかどうかも、足のむくみが起こりやすい体質の判断ポイントです。

1.骨強度が低くなってきた

筋力というのは骨豊に応じて付きますがら、骨強度が低下する事により、筋力も低下していきます。筋肉は運動だけでなくリンパ液を押し流す役割も持っているため、筋力の低下はそのまま、むくみやすい体質を作ります

2.肺機能が低下してきた

20歳代女性の2人に1人は肺機能に問題をもっています。呼吸運動は下半身の血液やリンパ液を吸い上げる作用があ。ます。肺機能が低下してしまいますと、吸い上げる力が弱くなり、むくみやすい体質となります。

3.筋力が低下してきた

骨強度が低下して筋力が低下するだけでなく、運動不足からも筋力が低下します。特に若い女性の下半身の筋力低下は著しく、筋肉ポンプ作用を十分に期待することが難しくなってきました。

4.心拍数が増え血圧が低下してきた

最近、平常時の心拍数が多い女性が増えてきました。心拍数が多い人というのは、拍動1回当たりの抽出量が少ないことを意味します。こういう方は、心臓の血液吸引力も弱くなりますがらむくみを起こしやすくなります。

5.皮膚の張りがなくなってきた

若い女性は皮膚に張りがあるというのは、今の人には当てはまらないように感じます。皮膚の張りがなくなることもむくみを作り出す原因です。

6.体温が低下してきた

特に女性に低体温が増えてきたように思います。温度はリンパ管に作用します。低体温だとリンパ管の流れを抑え、むくみやすい素地を作ります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ