女性ホルモンむくみ】月経前のむくみの症状は一時的です。原因は女性ホルモン、むくみを気にしすぎない事が大切。原因を知ろう

女性ホルモンと足のむくみ

月経(生理)前にむくむ

むくみは月経前の代表的な体調変化のひとつ

足女性ホルモンの影響により、生理前にむくみや体重が増えやすい特徴があります。
正常なからだの反応で、生理前に水分を体内にためこみやすくなるためなので
心配は不要です。

月経前のむくみや便秘は一時的なもので、月経が始まると治ってしまうのが普通です。


月経の10日ほど前(排卵後)から、黄体ホルモンが上昇し始めると、体内に水分を溜め
込もうとからだが反応する為、特におなかにむくみが起こりやすくなります。

生理前のむくみの影響で、便秘にもなりやすくなります。

対処法について

月経前のむくみや便秘の対処法には、マッサージや食事の改善が上げられます。

注意が必要な症状

月経前の時期と比べて体重差が2kg以上あったり、腹囲が3㎝以上大きいようなケース

あまりにも体重が増加したり腹囲が大きくなるようなケースでは、婦人科や漢方外来を受診する必要があります。
月経前のむくみがひどい場合、栄養不足や運動不足などの問題が潜んでいるケースがあります。

PMS(月経前症候群)

症状を婦人科や漢方外来では、PMS(月経前症候群)という診断名は、月経前のむくみや便秘などの症状が表れる、婦人科、漢方外来の専門用語です。

PMS(月経前症候群)症状について

むくみ、便秘、ニキビ、肩こり、イライラ、精神的な落ち込み、その他様々な症状

スポンサードリンク

ページの先頭へ