むくみ】むくみの原因と可能性。薬がむくみの原因となっている事もある。薬の可能性もありますから、チェックをしてみてください

薬とむくみ

むくみの原因とくすりの関係

薬、効果
普段日常に飲んでいる薬がむくみの原因になる事もあります。

薬を飲むと、その成分が血液を通じて全身をめぐり、効果を発揮しますが、それによって血液中の成分のバランスが変わります。

くすりは、肝臓や腎臓などにも影響が及んでしまうため、
薬の副作用でむくんでしまう事もあります。

非ステロイド性抗炎症剤

頭痛の時などに飲む鎮痛剤。ロキソニン(商品名)に代表されるNSAIDS(非ステロイド性抗炎症剤)というグループの薬

非ステロイド性抗炎症剤【ロキソニン】は、顔やまぶたのむくみを誘発することがありますので注意が必要です。
ロキソニンでむくみが出るのは、体質が関係しています。
そのため、むくみが現れない方もいます。

お薬の副作用によりむくみが発症しているケースでは、医師に相談をすると良いでしょう。

ムーンフェイスについて

ムーンフェイスとは、アレルギーなどに用いられるステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)を長期にわたって使った場合の顔が腫れあがるむくみを言います。
※医師は副作用を最小限に抑え効果を得るために処方している訳ですから、むくみがでるからといって勝手に服用をやめてしまうことは避けてください。
必ず医師に相談しましょう。

降圧剤

降圧剤という血圧を下げる薬がむくみを引き起こすケースがあります。

利尿剤

むくみ対策で利尿剤をのむときは、医師の指導のもと、生活改善が必要です。

利尿剤の服用を継続する事により、むくみが悪化するケースがあります。
生活や体質を改善しないまま、利尿剤に頼ってむくみを解消しようとすると、
体内の水分バランスがくずれてしまい、突発性浮腫などが表れる事があります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ