年齢によって基礎代謝が悪くなり、むくみ原因となります。むくみはしわの原因でもあるので、年齢と基礎代謝の関係、原因を知りましょう

年齢とむくみ

基礎代謝ダウンが原因でむくむ

年齢を重ねるにつれむくみやすくなる原因は基礎代謝の機能低下です

女は美しく年齢が上がるにつれ、からだの基礎代謝が低下するため、20代を堺にむくみがおこりやすくなっていきます。
むくみを予防するためには、からだの水めぐりがうまく行われていることが大切になります。
基礎代謝が高いと、血管運動がスムーズにおこなわれ、血液やリンパ液といった、からだ全体の水めぐりがよくなります。
同時に新陳代謝も活発になり、細胞レベルでの水めぐりもスムーズになります。

このように、基礎代謝をあげる事によりむくみにくいからだになります。

ちなみにですが、基礎代謝を上げるというのは、太りにくいからだ作りをするという事です。この基礎代謝は20歳をピークに自然と落ちていきます。

30代からの基礎代謝UP

30代後半になれば、基礎代謝をアップさせるためには、運動やストレッチ、マッサージ、ヨガなどを行う必要があります。。
むくみにくく、太りにくいからだ作りの第一歩は、定期的な運動です。
エクササイズを日々の生活に取り入れて、
太りにくい基礎代謝のしっかりしたからだ作りをしましょう。

むくみとしわの関係

むくみは、お肌の大敵です。
なぜなら、しわの原因になってしまう為です。

むくみからシワに発展する経緯は、むくみが起こることにより、肌が引っ張られのびてしまい、肌が運悪くかさついて乾燥していると、肌の伸縮にお肌がついて行かずもとの綺麗な状態にもどらなくなってしまいます。
そしてシワができます。

肌にうるおいがあり、健康な状態の肌なら、むくみが消えたあと、もとの状態に戻りますが、お肌が乾燥傾向jにあると、このようにシワになってしまうので注意が必要です。

特に皮膚にトラブルがある人は、乾燥がさらにひどく、肌のバリア機能が働かなくなっているため、むくみをほうっておくと、少しの事でシワの原因になります。

また、乾燥した肌とうるおいや弾力のある丈夫な肌とでは、むくみ具合も異なります。
健康な肌は、弾性ストッキングのようにむくみを押し返す力があるので、ダメージが少なくなります。

とにかく、お肌のケア、アンチエイジングなども大切なのは【保湿】になります。それ以外はおまけです。

肌の保湿を心がけて、UVケア剤で紫外線から肌を守り、こまめに保湿クリームをぬって、むくみに負けない丈夫な肌づくりを目指しましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ